京都、平安神宮で雅な桜に酔いしれる

平安神宮、桜 京都
スポンサーリンク

桜の開花宣言があり、桜の季節になりました。

私は京都の桜に魅せられて、桜の季節になると京都へ行きたくなってしまいます。

雅で優雅な京都の桜についてレポートします。

平安神宮

京都の桜の名所で必ず名前が出てくるのが平安神宮です。

平安神宮の桜
私が京都の桜に恋をしたきっかけが、ナカムラユキさん著「京都さくら探訪」で、この中で、平安神宮について「(桜を)酔いしれて見る」と書いてあります。

平安神宮に入ると、朱色と桜はこれほど合うのかというほど、雅な桜に出会いました。

平安神宮の桜

こちらは、「そうだ 京都行こう」のポスターにもなりそうではないですか?

平安神宮の桜

「そうだ 京都行こう!」のポスターになりそう!

ポスターというものは、だいたい実物よりも良く作られていると思うのですが、目の前にある桜は、ポスターよりも美しく、写真には納められないほどです。

結婚式も多いようで、白無垢と桜の組み合わせは、まさに「雅」です。

平安神宮

結婚式も厳かで美しかったです。

「美しい風景を見せてくれてありがとう」という感謝しかないですね。
桜満開の平安神宮での結婚式なんて、素敵すぎます!

どうぞお幸せに。

スポンサーリンク

平安神宮の庭園

庭園の中に入ると、可愛らしいピンクの八重紅枝垂がたくさん咲いていて、歩いていると、まさに「桜に包まれ」ます。

平安神宮の桜

ずっとここでピンクのオーラに包まれていたいです。

平安神宮の桜

ピンクのパワーで女性ホルモンが活性化されるかもしれませんよ。

庭園には、お茶室があり、お茶席に参加もできますし、お庭で抹茶セットだけを頂くこともできます。

お茶席も本格的で、素晴らしいお道具を使わせていただけて、初心者でも大丈夫ですので、お茶席を体験するのも良い機会なので、こちらもおすすめです。

桜の季節に色々な流派で順番にお茶会をしているとのことです。

お菓子は鶴屋吉信の「観桜(かんざくら)」が毎年出るようです。

お菓子は鶴屋吉信の観桜。

鶴屋吉信のお菓子というだけでも嬉しいですね。

さすが京都です。

お茶席には出ず、抹茶セットのみでも、こんな桜のお茶碗でいただけるので、桜を観ながら、ぜひ、ここで一服してみてください。

平安神宮の桜

桜のお茶碗です。

京都観光をしていて思うのは、お抹茶とお菓子のセットを頂ける場所が多く、抹茶が身近にあることです。

抹茶茶碗も普通に売っていて、つい買いたくなってしまうのが困ったものですが、抹茶が身近にある生活って良いですね。

平安神宮の中では、平安神宮限定の桜の八つ橋「紅の雲」が買えます。

文豪の谷崎潤一郎が小説「細雪」の中で「紅の雲」と描いたそうで、そこから取っているのでしょうか。

平安神宮に行ってから、「細雪」を読み始めたのですが、まだ上巻しか読んでいません。
来年の桜の季節までに読破して、雅な世界を感じたいと思います。

平安神宮、お勧めの時間

平安神宮は人気スポットなので、混んでいます。

平安神宮
そのため、朝、早めに行くことをお勧めします。
中はだいたい30分ぐらいで回れるそうですが、お抹茶も頂ながら、1時間はここでゆっくりしたいですね。

平安神宮の桜

平安神宮への行き方

JR京都駅からバスで30分ぐらいです。

  • JR「京都駅」より、平安神宮
  •  市バス5系統、洛バス100号・110号系統
  •  「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車 北へ徒歩5分
  •  京都駅より約30分
[公式]Heian Jingu Shrine 平安神宮 | 京都 平安神宮の参拝情報と神前結婚式・七五三など各種ご祈祷、名勝神苑のご紹介
平安神宮の公式サイト。1895年平安遷都1100年を期に市民の総社として創建。平安京の正庁(朝堂院)を模した朱塗りの社殿が美しく平安京の雅な雰囲気が漂う。本殿を囲む約3万㎡におよぶ回遊式庭園、神苑は、春の紅しだれ桜や初夏の花菖蒲等、四季折々に美しい景色が広がる。毎年10月22日の時代祭は平安神宮の祭礼で、京都三大祭の一...

平安神宮の近くの桜スポット

平安神宮の近くにも桜のスポットがあります。

京都国立近代美術館です。

京都国立近代美術館

京都国立近代美術館の中から琵琶湖疏水沿いの桜を眺めたり、なんといっても素敵なのがカフェで、天気のいい日に桜を眺めながらお茶をしたり、ランチをしたらなんて幸せなんだろうと思います。

こんな素晴らしい桜の席があるなんて、京都って素敵ですね。

こちらは、美術館のチケットがなくても入れます。

cafe de 505

カフェ Cafe de 505 | 京都国立近代美術館

カフェも混んでいますので、やはり、朝早く平安神宮へ行き、早い時間からカフェに入るのがいいかもしれません。

桜や紅葉の季節の京都は特に混んでいますので、時間には余裕を持って計画を立ててみてくださいね。

たくさん観光をするのもいいですが、桜をじっと観て過ごす、そんな時間の過ごし方も贅沢なのではないかと思います。

ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ

コメント