【バリ島】高級コーヒーのコピルアクは幻の味?

バリ島
コピルアク
スポンサーリンク

世界一高級なコーヒーと言われている「コピルアク」

東京で飲むと、なんと1杯5000円ぐらいするそうです。

一杯ですよ!

その幻のコーヒーにバリ島で出会いました。

コピルアク体験をレポートします。

コピルアク

コピルアクはコーヒー豆です。

ジャコウネコが餌として食べたコーヒー豆が消化されずに、腸内で発酵して独自な風味が生まれるそうで、そのまま排出されたコーヒー豆を糞の中取り出し、洗浄、乾燥し、焙煎したものです。

映画「かもめ食堂」の中でもコピルアクが出てきて、「おいしいコーヒーを入れるおまじない」として、コーヒー豆に人差し指を置いて「コピルアク」と言っているシーンが印象的でした。

この子がジャコウネコです。

ジャコウネコ

野生のジャコウネコの糞を探すとしたら、たしかに見つけるのが大変で、それは幻のコーヒーになりますね。

でも、なぜかバリのスーパーや空港などにコピルアクがたくさん売っていました。

お金が余って空港で買ったコピルアク。値段はスーパーの数倍します。

さて、これらは本物なのか偽物なのか、ジャコネコにガンガン糞をさせているのかは謎です。

でも、飲んでみたい方は、ぜひ、チャレンジしてみてください。

お土産にしてもネタになると思いますよ。

  • スポンサーリンク

    ライステラスでコピルアクに出会う

バリ島を観光中にガイドさんが「コーヒーを飲む?」と連れて行ってくれました。

バリ島らしいライステラスの中のコーヒー農園でした。

車の中からも「コピルアク」という看板を時々見かけるので、コピルアクが飲める場所は色々あるのかもしれません。

入り口にはガネーシャ様

入り口を入っていくと、ジャコウネコの小屋があり、「おぉ~、君が頑張っているのね!」とジャコウネコに感謝をしつつ、進んでいきます。

ジャコウネコの小屋。奥で寝ています。

こちらから糞を取り出し、豆の形が形がまさにその形です。

取り出したコーヒー豆

手作業で洗浄、焙煎をしてコピルアク完成です!

手作業で焙煎

ついにコピルアクの試飲をします!!

正直なところ、豆の製造過程を知ると、ウンチコーヒーなんて・・・と思っていましたが、東京では1杯5000円するコーヒーなんて飲めるチャンスはなく、「このチャンスを逃すなんて勿体ない!」と、ウンチのことは忘れ、この時点でワクワクしてしまいました。

東京では1杯5000円ですが、バリでは約500円ほどでした。

500円だとスタバのコーヒーぐらいですが、バリの物価を考えたらやはり高いですね。

コピルアクの前に、フレーバーコーヒーもいただきました。甘いコーヒーもあり、こちらは無料でした。

無料のコーヒー

 

お兄さんの笑顔が素敵!

 

コピルアクの感想、デザートつき

ライステラスの見える素敵なテラス席なので、インスタントコーヒーでも美味しく感じそうですが、やはりコピルアクは格別の味でした!!

テラス席

無料コーヒーとコピルアクを飲み比べることもできました。

やはり、コピルアクは今まで飲んだコーヒーと味が違います!

まろやかで、これがコーヒー?と思うような、何が違うのかは、是非飲んでみてください。食レポになっていませんね。

コーヒーが苦手な方は苦みが苦手だと思うのですが、嫌な苦みはありません。

こちらがコピルアクです。

コピルアク

とても美味しかったです。さすが幻のコーヒー!!

コピルアクにはカフェインが入っていないそうで、カフェインが苦手な方にもおすすめです。

何度も言いますが「幻のコーヒー」なので、簡単に手に入らないのが残念です。でも、バリのスーパー、空港には売っています(笑)

デザートに揚げバナナをつけました。

揚げバナナにはまりました

バリ島にいる間、毎日のように揚げバナナを食べており、揚げバナナにすっかりはまってしまいました。

器に黒蜜と葉っぱが入っていて、葉っぱに黒蜜をつけてバナナに垂らすそうです。

揚げバナナはバリ島ではポピュラーなスイーツなようで、どこへ行ってもありました。

本当に美味しいので「バナナが違うのか?、ただバナナを揚げるだけなのか?」、とレシピを検索してしまうほどです。

揚げバナナ、ぜひ、バリ島に行ったら食べてみてください。

もちろんコピルアクも飲む価値ありです。

 

外はライステラス

 

雨でもライステラスは素敵でした。

ランキングに参加しています。ポチっといただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

コメント