神戸ファッション美術館「アフタヌーンティーのよそほひ」展の見どころ

アフタヌーンティーのよそほひ アフタヌーンティー
スポンサーリンク

2019年11月23日から2020年1月19日まで、神戸ファッション美術館で「アフタヌーンティーのよそほひー英國紅茶物語」が開催中です。

あふたぬーんてぃーのよそほひ

「マツコの知らない世界」でもアフタヌーンティーが紹介され、今、アフタヌーンティーがブームになっています!

「アフタヌーンティーのよそほひ」は紅茶とファッションの展覧会ですが、紅茶の道具のほとんどが、Cha Tea紅茶教室のものです。

私も通っているCha Tea紅茶教室では、実際に展示されている道具を使ってのレッスンをしています。展覧会の見どころをレポートしますが、茶器などの写真はCha Tea紅茶教室のレッスン時のものです。

スポンサーリンク

「アフタヌーンティーのよそほひ」の見どころ①ドレスとティーセット

展覧会の一番の見どころは、やはり「ドレスと豪華なティーセット」です。

こちらはポスターにも載っているミントンのティーセットです。

どの時代にどのようなファッションでどのようなティーセットを使っていたか、わかりやすい展示になっています。

しかも、ガラスケースではなく、ドレスはそのまま展示されているので、質感もわかりやすく、ドレスとティーセットが並んで展示されていることで、「こういうファッションでお茶を飲んでいたのだな」と簡単に想像できます。

ドラマ「ダウントン・アビー」でメアリーが着ているようなドレスもあり、「この時代ね!」と改めてよくわかりました。

英国の映画やドラマが好きな方は、ファッションの変遷もわかって楽しいと思います。

「アフタヌーンティーのよそほひ」の見どころ②紅茶の歴史がわかりやすい

紅茶が英国に入って、一部の身分の高い人しか紅茶が飲めなかった時代からアフタヌーンティーの始まり、紅茶が庶民のものになるまでが順番に並んでいます。

こちらは、まだティーカップに持ち手がつく前のティーボウルです。

熱くて飲めないため、当時は紅茶を受け皿に移して飲んでいたそうです。

ティーボウルもたくさんありますし、銀細工の素晴らしいティーキャディースプーンやもーとスプーンも必見です。

茶葉を入れる箱のディーキャディーも美しい細工で、紅茶が当時は貴重なものだったことがよくわかります。

銀細工のものは、銀のティーポットも素晴らしいので必見ですよ。

下の写真の銀のティーポットで、レッスンのティータイムに紅茶を飲むこともあります。

紅茶が中産階級に広がった時代に、お茶会のマナーや紅茶の淹れ方などを書いた主婦のバイブル的存在の「ビートンの家政本」の初版や、紅茶が大衆の飲み物になった時代のリプトンの広告や紅茶のおまけもあり、紅茶が庶民に定着すると戦時中には配給紅茶があり、そのための「配給手帳」まで展示されています。

英国での紅茶の歴史がコンパクトに視覚でわかりやすい展示でした。

「アフタヌーンティーのよそほひ」の見どころ③豪華なティーセット

やはり展覧会での一番のみどころは「豪華なティーセット」だと思います。

ミントンティーセット
ポスターのミントンのティーセット

アンティークのものがセットで揃っていることが奇跡のようなもので、一度バラバラになってしまったら、もう二度と揃うことはないかもしれません。

展示されているティーカップも美しいですが、実際に紅茶を淹れると、もっと美しいです。(と、先生がいつも仰っています)

もちろんポスターのミントンのティーセットも、実際に使うととても豪華です!

ミントンのティーセット

「アフタヌーンティーのよそほひ」の見どころ④レアなものいろいろ

展覧会では、豪華なものだけではなく、珍しいティーカップなども色々あります。

男性が髭を生やしていた時代には、髭が紅茶につかないように髭を乗せるデザインのティーカップがあったり、持ち手が蝶々のバタフライハンドルやピクニックセットや子供用のナーサリーティーなど、イギリスの生活や歴史と紅茶は密接な関係があることがわかります。

「アフタヌーンティーのよそほひ」の楽しみ方①ティーカップのグッズ

パンフレットの中とティーカップの付箋

展覧会の後はグッズ売り場を見るのも楽しみですよね。

ティーカップのポストカードや付箋、クリアファイルなどがあり、パンフレットは展示の写真や紅茶の歴史と紅茶とファッションの年表もあり、これがとても良いです!

アフタヌーンティーのよそほおい

パンフレットよりもっと詳しく読みたい場合は、「英国ティーカップの歴史」「英国紅茶の歴史」(Cha Tea紅茶教室著)などの本も出ていますので、こちらも読みごたえがありおすすめですよ。

「アフタヌーンティーのよそほひ」の楽しみ方②フォトスポット

展覧会会場の入り口にはフォトスポットがあります。

アフタヌーンティーのよそほひ

ティーカップのフォトプロップスもあるので、是非写真を撮ってくださいね!

「アフタヌーンティーのよそほひ」のコラボアフタヌーンティーなど

「アフタヌーンティーのよそほひ」を見て、その後にアフタヌーンティーに行くのもいいですよね。

神戸ファッション美術館の近くの神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズのガーデンカフェでは、特別企画のアフタヌーンティーセットがありますので、余韻に浸りながらアフタヌーンティーなどいかがでしょうか。

テラスレストラン「ガーデンカフェ」 | 【公式】神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
ホテル1階、高さ8mの吹き抜けの空間にやさしい光が降り注ぎ、開放感溢れるオールデイダイニング。人気のバイキングメニューはもちろん、朝食からランチ、ティータイム、そしてディナーまで様々な用途で利用可能。

神戸には美味しいスイーツもたくさんありますので、観光しながらお茶をするのも楽しいです。

神戸のスイーツ&紅茶情報は改めて書きたいと思います。

ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

コメント