フォートナム&メイソンのクリスマス、ロンドンの老舗の楽しみ方

フォートナム&メイソンの入り口 イギリス
フォートナム&メイソンの入り口。クリスマスツリーもあり華やかでした。
スポンサーリンク

ロンドンには、老舗のデパートがいくつかあります。その中の一つ、フォートナム&メイソンに行きました。

スポンサーリンク

・フォートナム&メイソン(Fortnum&Mason)の歴史

日本では、「高級な紅茶屋さん」というイメージのあるフォートナム&メイソンは、実は、老舗の高級デパートです。

ハロッズも老舗の高級デパートなのですが、両方とも「百貨店」ではなく、「紅茶のお店」のイメージなのが面白いですね。

フォートナム&メイソンは、1707年に、アン王女に使えていたウィリアム・フォートナム氏が、ヒュー・メイソン氏と創業しました。

フォートナム氏は、もともとは、王室でロウソクを取り換える仕事をしていました。王室では、使いかけのロウソクも毎日新品に取り換えていたそうで、使いかけのロウソクが余ります。

しかも、王室で使用しているロウソクは最高級の蜜蠟のため、そのまま捨てるなんてもったいないですよね。

フォートナム氏は、その余ったロウソクを売り、そこで資金をためて、食料品を売り始めて、それがフォートナム&メイソンの始まりです。

もちろん、ロウソクを売るのは許可を取っていたそうなので、いくら不用品でも勝手に王室のものを売っていたわけではないそうです。

フォートナム&メイソンのロゴは、時計とその横に二人の男性がいますが、その一人はロウソクを持っているのは、そんな歴史があるからです。

ロンドンのフォートナム&メイソンの入り口にも「ロウソクを持った従者」がいます。

フォートナム&メイソンの入り口

フォートナム&メイソンの入り口。クリスマスツリーもあり華やかでした。

フォートナム&メイソンの有名なエピソードとして、ナポレオン軍との戦いやクリミア戦争などの戦地にも食料を届けに行っていたそうです。

フォートナム&メイソンは「ハンパー」が有名で、ハンパーに入れてどこへでも届けてくれます。

もちろんロンドンのお店でもハンパーが買えます。

以前からハンパーを欲しいと思っていたのですが、飛行機に乗って持ち帰るのに躊躇してしまい、今回は買いませんでした。

でも、やはり、ハンパーは欲しいです。

フォートナム&メイソンの紅茶

フォートナム&メイソンは紅茶のイメージがあるため、やはり、お土産に紅茶を買いたいですよね。

フォートナム&メイソンの紅茶では、クイーンアンというブレンドティーが有名ですが、これは「アン女王」にちなんだ名前です。

フォートナム&メイソン クイーンアン

フォートナム&メイソンのクイーンアン

フォートナム&メイソンの紅茶は、王室御用達で、名前に「ロイヤル」がついたり、王室にちなんだ名前のブレンドティーが色々とありますので、探すのも楽しいですね。

また、クリスマスシーズンになると、毎年、クリスマスのブレンドティーが発売されます。

クリスマスティーはスパイスが入っているので、スパイスが苦手な方もいると思いますが、クリスマスティーはミルクを入れるとおいしく飲めますし、スパイスで体が温まるのでお試しください。

イギリス人は、クリスマスティーのスパイスの香りでクリスマスを感じるそうですよ。

ロンドンのフォートナム&メイソンへの行き方

地下鉄グリーンパーク(Green Park)またはピカデリーサーカス(Piccadilly Circus)より徒歩5分です。

外の時計は1時間ごとにフォートナムさんとメイソンさんが出てきます。

フォートナム&メイソン 時計

フォートナム&メイソンの入り口の時計。

暗くなってしまったので、よくわからなくなってしまいましたが、右側の人はキャンドルを持っています。

こちらはフォートナム&メイソンの紙袋などにも描かれていますので、ぜひ見てみてくださいね。

フォートナム&メイソンの時計

フォートナム&メイソンの時計。ロゴマークにもなっています。

フォートナム&メイソンもハロッズ同様に建物が素敵ですよ。

フォートナム&メイソンの建物

フォートナム&メイソンの外観

フォートナム&メイソンで買い物 食品フロア

イギリスは1階をグランドフロアと呼び、2階が1階になります。

1階のグランドフロアが食品売り場です。紅茶やジャム、お菓子などはこちらで買えます。

フォートナム&メイソンの食品フロアのおすすめ①マーマレード

フォートナム&メイソンのはちみつ

蜂蜜のコーナー

クリスマスシーズンに行ったので、クリスマスティーやクリスマスのお菓子などがたくさんありました。

マーマレードのコーナーにはパディントンがいて、パディントンの大好きなマーマレードも色々な種類がありましたよ。

フォートナムアンドメイソン、マーマレード

フォートナムアンドメイソンのマーマレードコーナー

日本だとマーマレードといえばアヲハタが有名で、マーマレードを買う時は「味で種類を選ぶ」というよりメーカーで選んでいるように思います。

イギリスのマーマレードは同じメーカーでも種類がたくさんあり、味もそれぞれ違います。

イギリスの朝食にはマーマレードが欠かせないので、日本でいうと「味噌の種類がたくさんあるような感じ?」なのでしょうか。

以前、私が行った日本の「英国展」で、たくさんのマーマレードを見て「マーマレードってこんなに種類があるのか!」と、マーマレードの奥深さを知り、試食をするのも面白かったです。

イギリスのマーマレードは甘すぎず苦みがあり、もう手放せません。

ぜひ、イギリスに行ったらお土産に一つ買ってみてください!

フォートナム&メイソンでも種類がたくさんありました。

その中の一つにYUZUの表記をみつけ、「柚子って日本では?」と思わず見たところ、やはり日本のものでした。

フォートナムアンドメイソンのマーマレード

柚子と生姜のマーマレード。

日本人がマーマレードのコンテストで賞を取り、それがフォートナム&メイソンで販売されているのだそうです。

イギリス人に認められた日本のマーマレード、日本のものが売られていると嬉しくなりますね!

フォートナム&メイソンの食品フロアのおすすめ②クリスマスのお菓子と紅茶について

クリスマスシーズンに行くとイギリスのクリスマスの食文化を楽しめます。

イギリスのクリスマスといえば、ミンスミートパイクリスマスプディング、クリスマスティーなどです。

クリスマスプディングとは、ドライフルーツがたっぷり入ったクリスマスのケーキで(蒸しケーキ?)、プリンではありません。

こちらがクリスマスプディングです。

クリスマスプディング

クリスマスプディング

ミンスミートパイは、お肉のパイではなく、「ミンスミート」というドライフルーツが入ったパイです。

ミンスミートパイ

星のパイがミンスミートパイです。

なんと「ミンスミートパイ」は「天空の城ラピュタ」にも出てくるのですよ。(ドーラの息子がシータに食べたいものをリクエストしています)

クリスマスティーは、スパイスがたっぷり入った紅茶で、スパイスが苦手だという方もいますが、寒い季節にスパイスで体が温まります。

スパイスがちょっと苦手という方も、ストレートで飲むのではなくミルクティーにするとまろやかで飲みやすくなりますので、試してみてくdさい。

クリスマスティーは欲しかったのですが、日本のように小さい缶は売っていません。

缶が大きいので、「これはなかなか減らないかもしれない」と、今回は買うのはやめました。

日本ではフォートナム&メイソンは「紅茶屋さん」のイメージですが、実は、コーヒーも売っています。

フォートナム&メイソンで買い物 キッチンコーナー

2階(表記は1階)は、キッチン用品があり、可愛い食器やクリスマスオーナメントなどがありました。

アフタヌーンティーのスタンドのオーナメントも可愛いです。

フォートナム&メイソン

アフタヌーンティーのオーナメント

クリスマスツリーに飾るオーナメントですが、日本の家でこんな大きなオーナメントを飾るツリーを置くことは難しいです。でも、こうやって置いて飾れるので良いですよ。

ティーウェアもたくさんあり、目移りしてしまいます。

フォートナム&メイソンのティーカップ

ティーカップも可愛い。

ブルーの箱に、一瞬「ティファニー?」と思ってしまいがちですが、このブルーもフォートナム&メイソンのカラーです。

紅茶好きの間では、「ティファニーブルー」ではなく、「フォートナム&メイソンブルー」と呼んでいますよ。

フォートナム&メイソンで買い物

素敵なテーブルコーディネート

テーブルの上に置いてあるまるい筒は、クリスマスクラッカーで、これはその名の通りクラッカーで、二人で端をもち、両端から引っ張ると、クラッカーが割れて、この中からプレゼントが出てきます。

クリスマスクラッカーは、「ハリー・ポッター」でも出てきます。クリスマスシーンを見てみてくださいね。

クリスマスクラッカー

クリスマスクラッカー

クリスマスクラッカーはスーパーなどでも売っていますが、残念ながら、火薬が入っているものは「機内持ち込み禁止」です。

持って帰って来られないのが残念です。

こちらでは、クリスマス柄のティータオルを買いました。

フォートナム&メイソンの外観です。

フォートナム&メイソンのティータオル

クリスマス柄のティータオル

値段は£15でした。

ティータオルは軽いのでお土産に便利です。飾ることもできるので、これだけでクリスマスのインテリアになりますよ。

フォートナム&メイソンでアフタヌーンティー

7階(実際は8階)には、ザ・ダイヤモンド・ジュビリー・ティーサロンがあり、こちらでアフタヌーンティーもできます。

こちらはかなり混んでいましたので、予約をした方が確実です。

ブルーの食器で素敵でした。予約は、お店に直接か、ベルトラからも予約ができます。

アフタヌーンティー予約クーポン☆英国王室御用達 フォートナム&メイソン (Fortnum and Mason) | イギリス(ロンドン)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA
英国王室御用達の紅茶で有名な老舗デパートのティーサロンでいただく、高級アフタヌーン・ティー。ショッピングや観光後、ミュージカル鑑賞前にゆったりとお楽しみください。3段トレイはボリュームたっぷりで、ランチや早めのディナーにもおすすめです。

お店に直接予約はこちらです。

Afternoon High Tea in London - Fortnum & Mason
Our Fortnum's famous tea blends make a perfect cup at any time of the day, but if you should go without saying that the traditional Fortnum's Afternoon Tea is a...

予約は、電話よりメールやサイトからの予約をして、紙を印刷して持っていくとスムーズです。

英語が得意な方は電話の方が簡単だと思いますが、トラブルがあったときの証拠になりますし、英語が苦手な方は、紙さえ渡せば通じますので、ぜひお試しください。

(私は「必殺、紙」と呼んでいます。)

今回は、別のお店のアフタヌーンティーを予約していたので、こちらには行きませんでしたが、1回は行きたいアフタヌーンティーです。

フォートナム&メイソン ロンドンの老舗の楽しみ方

老舗のデパートは、お買い物だけではなく、食事もできますし、お金を使わず見るだけでも楽しめますし、イギリスの歴史を感じてみてください。

フォートナムアンドメイソン

フォートナム&メイソンの店内

フォートナム&メイソンもヒースロー空港に免税店があり、第5ターミナルには、シャンパ&バーもあるようです。

ただ、全部のターミナルにあるかはわかりませんので、お使いになるターミナルにあるかはご確認ください。

イギリスの消費税は20パーセントなので、免税になるほど買い物をしない方や紅茶を一つだけ買いたい方は、免税店の方がお得です。

ランキングに参加しています。ご協力に感謝です。

にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

コメント