長崎観光、グラバー園の見どころとレトロな喫茶店「旧自由亭」

グラバー園 国内旅行
スポンサーリンク

長崎は、異国情緒が溢れる港町です。

鎖国をしていた江戸時代に唯一海外とつながっていた町でもあり、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」の舞台でもあります。

長崎の見どころは色々ありますが、文明開化とヨーロッパの歴史が好きな歴女の視点からおすすめをご紹介します。

スポンサーリンク

異国情緒を感じる長崎①グラバー園

長崎に行ったら必ず行きたいのがグラバー園です。

長崎グラバー園
グラバー園公式ウェブサイト
南山手の居留地・洋館と歴史上の人物の解説。イベント情報、園内建物マップ。

路面電車で、大浦天主堂から徒歩7分、または、観光バスがあります。

ホテルは、ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルが近く、外に出て坂道を上がると、グラバー園です。

ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル

開園時間は、8:00~18:00で、入園料は、大人300円、高校生150円、小・中学生90円です。

グラバー園は、スコットランドの貿易商人のトーマス・グラバーの邸宅の旧グラバー住宅など、旧外国人居留であった場所です。

美しい洋館が並び、また、住宅からは長崎港が一望できて、「毎日こんな景色を眺めて暮らしていたら幸せだろうな」と思います。

長崎グラバー園

港が一望できます。

やはり、金持ちが住んでいる場所は眺めのいい場所です(笑)

ただ、残念なことが発覚しまして、グラバー園のメインの美しいはずの「旧グラバー住宅」は工事中でした。

旧グラバー住宅

旧グラバー住宅は2020年まで工事中です。

2020年まで工事中とのことですので、行かれる方はお気をつけください。

グラバー園のおすすめポイント①バリアフリー

グラバー園は丘の上にありますが、バリアフリーが進んでいて、エスカレーターや動く歩道もありました。

グラバー園の中は、車いすルートもありました。

バリアフリー化は東京よりも進んでいて、「東京って実は遅れている?」と思ったほどです。

長崎は外国人観光客も多く、中国から大型の船が着くそうですので、観光客を受け入れてくれる体制ができているのかもしれません。

グラバー園
船が良く見えます

グラバー園のおすすめポイント②SNS映えの美しい景色とレトロ写真館

グラバー園の地図に「インスタ映え」ポイントも書いてありますが、絵になる美しい邸宅や美しい風景がたくさんあります。

グラバー園

レトロな洋館では、レトロなファッションで写真を撮ってみたいですよね!

グラバー園の中には、「レトロ写真館」があり、レトロなドレスを着て写真を撮ることもできます!

値段も15分1000円、30分2000円と、とてもリーズナブルです。

レトロなドレスをとても着てみたかったのですが(笑)、一緒に行った友人にあっさりと断られ、今回はやめました。

でも、一度はやってみたいと思っています!

グラバー園のおすすめポイント③自由亭でお茶をする

グラバー園を散策した後に寄っていただきたいのが、旧自由亭の喫茶室です。

レトロな素敵な空間で、ここでゆっくり過ごしました。

旧自由亭
旧自由亭

長崎と言えば「カステラ」です!

カステラとコーヒーのセットにしました。

旧自由亭
カステラが美味しい

実は、そんなにカステラが好きなわけでもなくて、カステラの何がそんなにいいのかと思っていたぐらいで、コーヒーとセットになっていたことと、「一応、長崎だから」とカステラを食べたら美味しくてびっくりしました。

「今まで私が食べていたカステラはカステラではないのか?」と思ってしまったほどで、お土産もカステラは買うつもりはなかったのに、この後に「カステラを買う!!」と、しっかり買ってきたほどです。

また、コーヒーとカステラの組み合わせがとても良くて、「コーヒーとカステラって合う!」という発見もあり、これからは、カステラにはコーヒーにしようと思います。

コーヒーカップも素敵で、波佐見焼のオリジナルのもので、グラバー園の絵が描かれていました。

自由亭

波佐見焼は、長崎県の波佐見町付近で作られる陶磁器です。

陶磁器好きとしては、可愛い陶磁器に出会えるだけでもテンションがあがります。

旧自由亭
コーヒーカップのソーサーにもGlover Gardenと!

ソーサーには「Glover Garden」と書いてありました。

窓の外は長崎港で、忙しい日常を忘れ、癒されます。

グラバー園、喫茶室
旧自由亭からの眺め

喫茶室の中には、オランダ貿易の名残で、こんな陶磁器も飾ってありました。

グラバー園喫茶室

グラバー園おすすめポイント④オペラ「蝶々夫人」の舞台

プッチーニのオペラ「蝶々夫人(マダムバタフライ)」は、長崎が舞台です。

プッチーニのオペラで、「ある晴れた日に」は、オペラを知らない人でも「聞いたことがある!」と思う有名な曲です。

グラバー園

蝶々夫人は、明治初期の長崎が舞台で、没落藩士の娘の蝶々さんとアメリカ海軍士官ピンカートンとの悲恋のお話です。

2人は結婚式をあげましたが、ピンカートンは任務を終えて本国に帰ります。しかも、ピンカートンは、本国で別の女性と結婚してしまうのですが、蝶々さんは健気に夫の帰りを待って、その後、悲劇が起こるのです。

ミュージカルの「ミスサイゴン」は、蝶々夫人がモチーフになっています。

蝶々夫人の舞台描写が、長崎の旧外国人居留地にそっくりだそうで、私は、脳内BGMで頭の中で「ある晴れた日に」が流れていました。

せかっくならば、音楽を流してくれれば、雰囲気を感じられそうですよね、

まだ、オペラの「蝶々夫人」を観たことがないので、この景色を思い出しながら観てみたいと思います。

グラバー園

グラバー園おすすめポイント⑤フリーメーソンロッジの門

グラバー園の中に「フリーメーソン」ゆかりのものがあります。

フリーメイソン
フリーメイソンのマーク!

都市伝説好きの間では「秘密結社」ですが(笑)、フリーメーソンは、中世イギリスの石工の団体です。

フリーメイソンロッジ

私は都市伝説が好きなので、かなりワクワクしてしまいました(笑) 

 「信じるも信じないもあなた次第です。」

異国情緒を感じる旅へ、グラバー園まとめ

長崎の観光名所の「グラバー園」は、行く人によって楽しみ方が色々あります。

歴史を感じたり、レトロな衣装で散策してインスタ映え写真も撮れますし、オペラが好きな方は、「蝶々夫人」の世界に浸り、都市伝説が好きな方も妄想できますし、陶磁器好きには、陶磁器の展示や旧自由亭の波佐見焼のカップなど、楽しみ方は人それぞれです。

もちろん、ただ景色を眺めるだけでも価値があります!

ぜひ、色々な楽しみ方をしてみてください。

コメント