ゴールデンウィークのおすすめ、ラ・フォル・ジュルネ

ラフォルジュルネ 国内旅行
国際フォーラムの前の広場でワインを飲んでいる方もたくさんいます。
スポンサーリンク

今年のゴールデンウィークは、10連休で海外旅行へ行く方も多いようですね。

私も海外旅行は大好きですが、この時期は、大好きな海外旅行よりも楽しみなイベントがあります。

それは、「ラ・フォル・ジュルネ」です!

都内で楽しめるイベントの「ラ・フォル・ジュルネ」の魅力と楽しみ方をご紹介します。

ラ・フォル・ジュルネとは

1995年にフランス西部の港町ナントで誕生したクラシック音楽祭で、2005年に東京に上陸しました。

ラフォルジュルネ

公式HPはこちらです。

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019「Carnets de voyage ―ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」公式サイト
フランス発!! 世界最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019」|今回のテーマは「Carnets de voyage ―ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」

毎年、ゴールデンウィークの3日間に東京の丸の内で、ホールや野外でのコンサートがあちらこちらで開催されて、丸の内が音楽で包まれます。

スポンサーリンク

クラシック初心者から上級者まで

クラシックの公演は、敷居も値段も高いし、よくわからないと思っている方も多いと思います。

私もそうでした。

しかし、意外と身近なところにクラシックはあり、フレーズを聞くと、「あ!聞いたことある!!」と、意外と知っている曲は多いのですよ。

ラフォルジュルネ

コンサートホールでの有料の公演は、1公演1500円から3000円で、しかも、聞いたことがあるポピュラーな曲も多いので、クラシック入門にはぴったりです。

交響曲などは、拍手をするタイミングがわからなかったりしますが、カジュアルに楽しむコンサートなので安心してください。

ラフォルジュルネ

また、クラシックコンサートは通常は子供は入れませんが、小さい子供も入れる公演もあり、なんと「0歳からのコンサート」もあり、赤ちゃんもたくさん来ています。

ラフォルジュルネ

子供でも楽しめるプログラムになっていますし、「0歳からのコンサート」は、赤ちゃんの泣き声の大合唱にもなってしまいますが、それもOKなのです。

赤ちゃんの頃から本物のクラシックを聴けるなんて羨ましい限りです。

もちろん、クラシック上級者も楽しめるプログラムもたくさんあります。

一流のアーティストがこんなに一度に来日する機会なんてないので、演奏家からどのコンサートに行くかを決めたり、同じ作曲家の演奏を聴き比べたり、上級者ならではの楽しみ方もできます。

公演によっては、年齢制限もあるので、静かにじっくり聴くこともできます。

でも、0歳からのコンサート以外は、お子様もおとなしく聴いていて、感心してしまいます。

「クラシックは眠くなるから・・」という方も、寝てください(笑)。

生のオーケストラの音はデジタルでは感じられない波動が出ていて、ものすごく気持ち良いです。私もクラシックコンサートで寝るのは好きです(笑)。

ラフォルジュルネ

ものすごく贅沢でものすごく気持ちがいいです。

これも1万円のチケットだと「なんてもったいない!」と思いますが、2000円ぐらいなら、下手なマッサージに行くより確実に癒されますよ。

ただ、寝る場合は、いびきなどをかかず、静かに寝てくださいね。

お連れ様がいびきをかいていたら、起こしてくださるようお願いします。

無料での楽しみ方

ラ・フォル・ジュルネは、チケットを買わなくても、丸の内に行けば楽しめます。

丸の内のあちこちで無料コンサートもやっていますし、国際フォーラムには屋台村もあり、国際フォーラムでも演奏をしていますので、演奏を聴きながら、食事をしたり、お酒を飲んだりできます。

ラフォルジュルネ

国際フォーラムの前の広場でワインを飲んでいる方もたくさんいます。

国際フォーラムの前がフランスの広場みたいではないですか?

私が大好きなのが「ボナペティ」のロティサリーチキンで、これを食べるのも楽しみです。

ボナペティ、ロティサリーチキン

チキン、ハーブライス、ローストポテト、どれも美味しくて大好きです。

ロティサリーチキン

去年は「俺のフレンチ」でロッシーニバーガーがありました。これも美味しかったです。

俺のフレンチ、バーガー

もちろん、ここで買わなくてもお弁当を持っていってもいいので、ピクニック気分で過ごすのもいいですよ。

ワインを飲んで音楽を聴くなんて、大人の楽しみ方ですよね。

羨ましいですが、私は間違いなく確実に寝るので、まだ試したことはありません。

三菱1号館美術館の前や丸の内中通でもコンサートがあるので、一番大好きな新緑の季節に、その中で聴く音楽は格別で、この時間がものすごく幸せです。

ラフォルジュルネ

まとめ

お金をかけてもかけなくても楽しめるラ・フォル・ジュルネ。

特に何もしなくても新緑の中で過ごすだけでも癒されますし、イベントもたくさんありますので、参加することもできますよ。

先着でこんな可愛いポーチが貰えたこともありました。

バイオリンポーチ

特に予定が決まっていない方も、買い物のついでにでも、また、ご家族でも、ぜひ、行ってみてください。

コメント