京都、哲学の道で桜に包まれる、近くのカフェなど。

哲学の道、桜 京都
スポンサーリンク

京都の桜に魅せられ、桜を観るためだけに京都へ行ってしまうほど、京都の桜が好きです。

哲学の道の桜

京都の桜のおすすめはたくさんありますが、絶対に外せない場所の一つは「哲学の道」です。

哲学の道の桜

哲学の道の桜とおすすめのスイーツなどをレポートします。

スポンサーリンク

哲学の道への行き方

京都駅から市バスでで南禅寺・永観堂前か銀閣寺前下車です。

哲学の道とは

左京区・若王子神社から法然院下を銀閣寺に至る疏水べりの小道。約2km。日本の道百選にも選ばれた。哲学者西田幾多郎が散策、思索にふけったといい、この名がついた。

(京都観光Naviより)

哲学の道|【公式】京都観光Navi
昔も今も変わらない空間が残るまち、京都。その魅力を「より深く」そして「より身近に」感じていただくためのことばを「京の用語集」として集めました。

哲学の道の桜

初めて哲学の道の桜を見に行った時、バスの中からだんだん近づいてくる桜並木を見て、とにかく「すごい!」と思いました。

哲学の道、桜

何がすごいかというと、桜ではなく、人の多さで、唖然としました。

人が多いのは納得で、散り際の桜が風に舞い、それは美しい景色です。

哲学の道、桜

桜の花びらで水面もピンクになっています。

が、だんだん風が強くなり、はらはら舞う桜ではなく、「桜吹雪とはこのことか!」と思うほどのピンクの吹雪になり、本当に桜に包まれたようでした。

哲学の道、桜

哲学の道のおすすめ時間

平安神宮も朝早い時間をおすすめしましたが、哲学の道も朝早い時間をおすすめします。

平安神宮についてはこちらもご覧ください。

京都、平安神宮で雅な桜に酔いしれる
京都に桜を観に行くならば、ぜひとも行って欲しいのが平安神宮。平安神宮の桜のお勧めをレポートします。
哲学の道、桜

朝は人がいなくて、水面に映る桜も美しいです。

人も少ないですし、朝は、綺麗に桜が水面に映り、とても綺麗です。

「道」なので、拝観料もなく、時間もフリーで、しかも20分ぐらいずっと桜並木を歩けます。ゆっくりと桜を愛でながらウォーキングなんて素敵ですね。

哲学の道、桜

道沿いのお店、スイーツなど

哲学の道沿いには、お茶ができるお店も色々あります。
以前から行ってみたかった「よーじやカフェ」へ行きました。

「よーじや」は、あぶらとり紙で有名なあのよーじやで、カフェではよーじやマークのカプチーノなどもありますよ。

よーじやカフェ、カプチーノ

こちらは別のよーじやカフェでいただいた抹茶カプチーノ。

よーじやカフェ銀閣寺店

哲学の道沿いにあるよーじやカフェは、日本家屋で庭園もあり、観光気分がとても盛り上がります。

よーじやカフェ、哲学の道

よーじやカフェ

入り口から「京都」を感じます。

中に入ると、お座敷があり、庭園を眺めながらお茶ができます。

よーじやカフェ

カフェの中も雰囲気あります

このときは、桜の季節の限定メニューにしました。

よーじやカフェ

抹茶茶碗の下に古帛紗があるのも、さすが京都です。

よーじやカフェ

古帛紗が桜です。

「和」のものが大好きなので、こういう細かいところでもテンションがあがります!!

もちろんショップもあり、桜の時期は、桜色のあぶらとり紙が限定で販売されていますので、お土産に見てみてください。

とても素敵なよーじやカフェは、いつ行っても混んでいます。

やはり、朝一でオープンと同時に入るのをおすすめします。

よーじやカフェは、他にもあり、以前は、東京でも渋谷のヒカリエにも入っていましたが、今は、羽田空港以外は京都にしかお店がありません。

よーじやカフェ
あぶらとり紙の老舗。京都よーじやカフェ。京都市内に3店舗。

よーじやカフェ、銀閣寺

桜シーズンの観光について

私のおすすめが朝一ばかりなので、「体は一つしかない!」と言われてしまいそうですが、桜や紅葉の季節は、とにかく人が多いため、メインを朝一に入れて、その後はオプション程度に考えて観光すると、ストレスがたまらないのではないかと思います。

今回は、桜をメインにレポートしましたが、京都は大好きなので、また、色々な角度から書きたいと思います。

ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ

コメント